人事労務サービス

人事部の機能を網羅したサービス

当社の人事労務サービスは人事部の機能をすべて網羅したサービスとなります。
言い方を変えると社外人事部のようなサービスです。

多くの企業に人事部は存在せず、総務や経理が兼任しているケースが大半で、必要最低限の人事労務に関する業務のみを行っている状況です。つまり間接部門特有の、経営者が命じない限り必要最小限の部署となっているという事です。そのため必要な情報がぼやっとした状態で経営者に届いている、若しくは経営者自身が情報収集をしている状況をよく見かけます。

低コストで御社のことを必死で考えてくれる人事機能を手に入れることができます。

必要な人事機能を予算の範囲で必要なだけ外部に委託する事で、優秀な人材を自社内で多く抱えることなく、低コストで自社のことを必死で考えてくれる人事機能を手に入れることができます。

また、雇用関係ではありませんので契約終了する事になんのリスクもありません。人材難が今後長期的に続くことが予見される時代なので、人事機能をブレインシェアリングできれば企業にとって価値があると考えています。

従来の社労士業務との違いとは

人事労務領域のあらゆる分野を業務の範囲としている
が従来の社労士業務との大きな違いです。

いわゆる社会保険労務士の業務は資格の勉強で習う範囲でもある労働・社会保険関係の法律が主で、人事労務領域のごく一部しか学びません。
しかし、その業務範囲だけだとあまりにも狭く、企業の人事に関する課題解決はできません。

企業が求めているのは採用や人事評価、経営理念の浸透、研修、HRテックの活用なども含めた人事労務領域の全てです。

ただ、すべての人事労務領域を学ぶとなるとあまりにも範囲が広くなりすぎるため、当社ではアドバイザリー業務を主に行う営業課と事務代行業務を行うOS課、企画立案を行うコンサルティング課に分け、各々の専門性を追求しています。

3つの人事労務サービス

アドバイザリー(相談顧問)

主に人事労務領域の専門家として顧問先企業の経営者や人事・労務業務担当者に対して相談、助言、情報提供を行います。

詳しく見る

人事労務コンサルティング

人事評価制度の構築・改定、採用コンサルティングなど、人事労務領域の問題解決に必要な企画立案と運用コンサルティングを実施いたします。

詳しく見る

アウトソーシング

労務事務を中心に雇用保険・労災保険、社会保険に関する届出事務や給与計算事務がアウトソーシングいただけます。

詳しく見る

無料相談会を毎週水曜日に開催中

人事・労務などについてお悩みの皆さま、思い立った時に気軽に相談できるところはありますか?

「まだ悩みが漠然としていて・・・」
そんな時にこそ気軽にご利用いただけるように、毎週水曜日に無料相談会を開催しています。

毎週水曜日の13時00分から18時00分の間で開催しておりますので、ぜひお気軽にお越しください。

予約フォームはこちら